気エネルギーの出入り口「チャクラ」 - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気エネルギーの出入り口「チャクラ」

気エネルギーの出入り口「チャクラ」

チャクラ

ヨガで伝えられている「気」のエネルギー"プラーナ"を身体に取り込んだり、
放出したりする大きな7つのポイントを「チャクラ」という。


エネルギーの身体の中枢とも言え、肉体上のツボ(経絡)にも対応する。


他のツボは、エネルギーの出入り口にすぎないが、各チャクラのところは、
活性化をする発電所のように大量の気を扱えるようになる。


世界のエネルギーを7種類に区分けをし、各チャクラによって働くニュアンスに差があり、
取り込むエネルギーも違う。


各チャクラの周辺5cmぐらいは、だいたいどんな人でも汚れている。
本来の働きが発動するために、ゴミを取り除き、チャクラを活性していく。


チャクラの部位に軽く意識を向けると、オープンしている所はジンジンしたり、
熱風や風が出入りする感じがある。


さらに進むと色や光が見えてくる。


しかし、各チャクラで見えてくる光の色は個人差も大きく、
視覚情報は自分の中で客観的立場を保ちにくいので、
見えてくる色を楽しむようなゆとりが必要。


チャクラの場所に色をイメージするような訓練も、
副作用を生むことがありますので、思いつきで練習しない。


次 → 気エネルギーの抜き方、入れ方「右ネジの法則」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。