気功はトレーニングによりデジタル成長していく - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 気の基本知識 > 気功はトレーニングによりデジタル成長していく

気功はトレーニングによりデジタル成長していく


気功の「功」=「トレーニング」。

気功の、「功」という字は、英語でいうと「トレーニング」。
トレーニングとは、日々同じことのくり返しを続ける鍛錬や修練を指す。
薄紙を重ねていくようなもの。


日々の成長が目に見えてわかるものではなく、先も見えない。


逆に、「これだけやったから、できるようになるだろう」という期待は不要。
期待しているのは、「今の」自分。
その期待により、「未来の」自分を制限し、進化を阻害する。


期待から外れた場合、成長を正当に受け止められなくなる。
「できない」と思ったらできない。


期待せず、淡々と毎日取り組んでいくことで、いつの日か、
ふっとうまくなっている自分に気がつく。


気功的成長はデジタル的変化であり、ある日突然進化する。
その経験は、あなたも知っているではないだろうか?


何度練習しても乗れなかった自転車が、ある日突然乗れるようになったり、
何回弾いても上手く弾けなかったピアノのあの曲が、
突然弾けるようになったことがあるだろう。


プロであれば、誰もが経験したことがあること。
気功的成長は投資した時間とエネルギーが単純に成果として
現れるアナログ的な変化ではない。


宮本武蔵の「五輪の書」には、人が達人になる方法が描かれている。
1千日の修練を「鍛」1万日の修練を「錬」と言う。気功も同じである。


一生の財産となる鍛錬を、一生かけて取り組んで欲しい。


image001.png

次 → 気エネルギーの出入り口「チャクラ」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。