仙骨調整ストレッチ(真向法) - 気功.info

HOME >Web気功教室 > 仙骨調整ストレッチ(真向法)

仙骨調整ストレッチ(真向法)

ストレッチをすることで、身体のコリがほぐれ緩み、気が通りやすい身体になる。
同時に仙骨や背骨を整えていくことができる。

■足かかと前後ずらし前屈

①胡坐の姿勢で座る

②足を組まず、両かかとが身体の正中線ライン上に来るよう、前後にずらす。
 その時、かかとは股間の位置。

③両手を前床につけ、前屈。背中・腰はできるだけまっすぐ、無理のない範囲で伸ばす。

④手を手前の位置に戻し、元の位置へ。

⑤胡坐のかかとの前後を組み換え、再度②~④を行う。
足かかと前後ずらし前屈.jpg


■足裏あわせ前屈(かかとを膝の位置まで引き寄せたver.)

①両足の裏を合わせて、床に座る。裏を合わせた両足のかかとを膝のあたりまで引き寄せる。

②両手で両足をクルミ、背中・腰をまっすぐ伸ばしたまま、前屈。無理のない範囲で伸ばす。

③もとに戻す。
足裏合わせ前屈(膝の位置).jpg


■足裏あわせ前屈(かかとを股関節の位置まで引き寄せたver.)

①両足の裏を合わせて、床に座る。
裏を合わせた両足のかかとを股関節のあたりまで引き寄せる。

②両手で両足をクルミ、背中・腰をまっすぐ伸ばしたまま、前屈。無理のない範囲で伸ばす。

③もとに戻す。

※この股関節まで引き寄せる方法が難しい場合は、膝まで引き寄せた方法で代用OK。
足裏合わせ前屈(股関節の位置).jpg


■開脚前屈

①両足を左右に広げ(開脚)して座り、背中・腰をまっすぐ伸ばしたまま、前屈。
足は床面を離れないようにし、無理のない範囲で伸ばす。
開脚前屈


■両足揃え前屈

①床に座り、両足をくっつけて前に出す。

②背中・腰をまっすぐ伸ばしたまま前屈。
足は床面を離れないようにし、無理のない範囲で伸ばす。
両足揃え前屈


■床すわり後屈

①正座姿勢より、すねの部分を横にずらし、太もも・尻が直に床につけて座る姿勢になる。
 その時、両ももをくっつけ、足は開かない。

②ゆっくり状態を後ろに倒し、床面に背中を付ける。
太ももや膝が床面から離れたり浮いたりしないように気を付ける。手を支えにしてよい。
 背中が床まで届かない場合には、できる範囲で伸ばし、殆ど倒れてなくても伸ばせればよい。

③ゆっくり状態をもとに戻す。
床すわり後屈


次 → 操体法



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop