湧泉(ゆうせん) - 気功.info

HOME >用語集 > 湧泉(ゆうせん)

湧泉(ゆうせん)

湧泉とは、心包の経絡(足少陰腎経(あしのしょういんじんけい))のツボのこと。


位置は、足の裏。足底の中央より前の方にあり、人差し指と中指の骨の間で、
少しくぼんだ部分。その字の通り、生命力(気)が泉のよう湧くとされるツボ。


足の使い過ぎによる筋肉疲労や、背中・腰・尻の筋肉疲労、足の冷え、
腎臓系の冷えや痛み、違和感、女性疾患などにもよい。


このツボは、手のひらの労宮のツボとならび、気功では重要なツボ。
このツボを使い、地のエネルギーを吸い、そして地へエネルギーを放出する。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。