仙骨(せんこつ) - 気功.info

HOME >用語集 > 仙骨(せんこつ)

仙骨(せんこつ)

仙骨とは、骨盤の中央にある骨。骨盤のつけ根であり、尾コツの上部。骨盤の要。


背骨を支えている骨盤の要である、仙骨のゆがみは、体中に影響に出る。
生命維持に関わる重要な骨であり、仙道において仙人はこの骨が出ている
事が仙人になれる条件と言われる。

クンダリーニとは悟りを得るために必要な精力の事であり、
仙骨(尾てい骨付近)の第1のチャクラであるムラダーナチャクラには、
クンダリーニ(蛇)が眠っており、性欲を昇華させたものと言われる。

それほどまでに、ヨガや気功では重要な部分とされる。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。