鍼灸(しんきゅう) - 気功.info

HOME >用語集 > 鍼灸(しんきゅう)

鍼灸(しんきゅう)

鍼灸とは、身体に鍼や灸を用いて刺激を与える事で、多様な疾病への治療的な介入や自然治癒力を
高める東洋伝統医学の医療技術のこと。


鍼は専用の鍼を用い、灸はヨモギの葉から精製したもぐさを使用するのが一般的。


鍼治療は、皮膚感覚の中でも痛感覚を治療に利用する方法で、
鍼を皮膚に接触させたり、刺すことによって鈍っている神経機能を興奮させ、
また逆に興奮している機能を抑制することによって、
血行を良くしたり、生体エネルギーの流れで気のバランスを整えていく。


灸治療は、温度感覚を治療に利用した方法で、
灸の熱刺激で皮膚組織を焼くことによって死んだ組織のごく小さな部分が
分解して皮膚から血管に吸収され、これが刺激となって血行を良くしたり、
同時にこの温熱刺激により、体内の機能改善を促す。


東洋医学の根本である、陰陽・虚実・五行などがベースにして、
刺激を与える事により、人間の生体防御機能を人為的に働かせて治癒を促す医療行為。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。