十二正経(じゅうにせいけい) - 気功.info

HOME >用語集 > 十二正経(じゅうにせいけい)

十二正経(じゅうにせいけい)

正経とは、通常の経脈を指し、それは気血が行き、満ち溢れている流れのこと。


十二正経とは六臓六腑に所属する経脈で、身体の気を流す12本のルートの事を指す。


以下が、12本のルートである十二経脈。
「手の太陰肺経」「手の陽明大腸経」「足の陽明胃経」「足の太陰脾経」
「手の少陰心経」「手の太陽小腸経」「足の太陽膀胱経」「足の少陰腎経」
「手の厥陰心包経」「手の少陽三焦経」「足の少陽胆経」「足の厥陰肝経」



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。