変性意識(へんせいいしき) - 気功.info

HOME >用語集 > 変性意識(へんせいいしき)

変性意識(へんせいいしき)

変性意識(ASC)とは、日常的な意識状態以外の意識状態を指す。


日常的な意識とは、ボールが飛んできたら避けたり受けたりでき、
人の話をきちんと聞いて受け答えができるなど、外の世界の反応が
きちんとできることを指す。


逆に、変性意識状態の場合には、外の世界ではなく、内側の世界
(インナーワールド)に意識が向かっている。


また、意識状態には、アッパー系とダウナー系の2種類がある。
アッパー系とは、テンションが高く、集中した状態で、
ダウナー系とは、テンションが低く、リラックスした状態を指す。

これらは、すべて脳の状態である。


瞑想や呼吸法を含めた気功法の鍛錬のなどの際は、
変性意識かつダウナー系(ただし眠らない)の状態が望ましい。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。