気(き) - 気功.info

HOME >用語集 > 気(き)

気(き)


気とは、中国思想や道教、中医学などの東洋の精神文化に多く含まれる気という未知のエネルギーのこと。
流動的に運動し、作用をおこすとされている。

残念ながら、現段階では科学的に測定できないため、はっきりとわからない。

ただし、「その気をどうやって使うのか」ということと、
「それを訓練にどうやって高めていくか」というノウハウは蓄積されてきているので、
電気と同じようにどんなものかわからなくても、使い方はわかってきている。

「量(クオリティ)」と「質(クオンティティ)」のふたつの側面で考えると
実務的に扱いやすくなる。
量的に多くなると作用も強くなり、少ないと作用も弱くなる。



Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
無料メルマガ
できる人の気功術セミナー

▲PageTop

掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。
コンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを発見した場合は予告無く通報します。